幻の『ケンジ』のバッグです。

ガレだから、出来るのか!

入手の難しくなった『KENJI 』のバッグ。

 

bags02_170322.jpg

 

 

右下の写真 少し大人っぽい雰囲気のスクエアバッグ。

サイドにもオープンポケットが付いていて便利。留め具を外すと、ふたの部分がフルオープン。

すっぽり開きます。

 

ジバンシーのアシスタントデザイナーとして活躍後、自身のブランド[KENJIIKEDA」をパリでデビュー。

皮革をねじるパルス技法がパリで大ヒットし、日本でも知る人ぞ知るラグジュアリーバッグブランドとなりました。

現在は、空間デザイナーとして国内外で活躍中されており、バッグのデザインはされていません。

つまり、「KENJIIKEDA」は幻のブランドなのです。

 

トートにもショルダーにもなるスクエアタイプのキュートな牛革バッグ。

こちらは、セカンドラインの「kenkenken」ブランドになります。

 

turquoiseblue.jpg

*ブルーとカナリアイエローは,売り切れてしまいました。残念。

 

こちら、たまらなく可愛い赤!

とてもソフトな牛革を使っていて、ファスナーがグルリと開くので、出し入れが便利です。

 

 

carminred.jpg

 

下のバッグは、赤のスクエアバッグより、一回り大きくなります。

おしゃれなカーキの牛革バッグ、こちらもkenkenkenブランドです。

 

carminkhaki.jpg

 

KENJIIKEDAのホーボー(三日月型)バッグ。イタリアリモンタ社の迷彩ナイロンを使用していて、とても軽くておしゃれ。

因みに、リモンタ社はエルメスにも使われている生地メーカーなんですって。

 

三日月バッグ.jpg

持ち手と底面には牛革を使っています。ポシェットは取り外しできます。

 

ガレには数は少ないですが、貴重な「KENJIIKEDA」はもちろんのこと、お手頃価格な「kenkenken」ブランドのバッグまで!!

更に、お財布や名刺入れなど、小物類までございます。